Feb 20 2018

スリー・ビルボード

treebillboards
アメリカのミズーリ州にある田舎町エビング。ある日、奇妙な広告看板が3枚建てられた。『レイプされて殺された』 『逮捕はまだ?』 『どうして?ウィロビー署長』 この広告主は、ミルドレッド・ヘイズ。
7ヶ月前、ミルドレッドの娘、アンジェラは、何者かによってレイプされ焼死体で発見された。一向に進展しない捜査に怒りをを感じ、抗議するため地元の広告会社と契約し建てた。その広告看板はすぐに話題になり、地元テレビの取材に取り上げられたりした。しかし、ミルドレッドの味方をしてくれるのは友人などのごく少数で、ほとんどは、住民や仕事仲間の警察官からも信頼のあるウィロビー署長の味方だった。名指しで批判する看板に住民たちは、ミルドレッドに敵意を剥き出しにしていた。息子のロビーからも、「姉の死を忘れたいのに、あの看板を見るたび嫌でも思い出される」と言われる。孤独になってもミルドレッドは、広告料を出し続けた。
ある日、ウィロビー署長は患っていたガンが進行し、死期を悟り家族が全員眠った後に、自殺する。遺書には、ミルドレッドの広告とは無関係と書いていたが、周囲は一層ミルドレッドに冷たく当たる。その時、ミルドレッドの元に、娘をレイプしたと名乗る男が現れる・・・。ウィロビー署長の死から事態は急変し出す。果たして事態は良い方向へ向かうのか。

ベストキャラ(男) レッド/多分町で一番良い奴。
06/10
ベストキャラ(女) ミルドレッド/男女関係なく煽られたら股を蹴るのが良かった。
08/10
美術・デザイン 広告看板がかっこ良かった。
05/10
音楽 いかにも今から戦いに挑むみたいな西部劇みたいな曲がかっこ良かった。
07/10
撮影 ディクソンが広告会社に殴り込むシーンが印象的だった。
07/10
序盤 ディクソンクソ野郎。
07/10
中盤 レッドまじ良い奴。
08/10
終盤 元夫の彼女も多分良い奴。
08/10
理解度 憎しみより許すことが良いんだと思った。
07/10
印象に残った点 レッドがディクソンにオレンジジュースを渡すとこ。
08/10
71

« 3月 2018 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30