May 31 2018

あなたの旅立ち、綴ります

lastoword
ハリエットは広告業界で大成功をおさめ、引退後も何不自由なく暮らしていた。自分の力でなんでもできるハリエットであったが、心の隅では孤独とを残りの人生が短いということを感じていた。ある日、新聞にある他人の訃報記事が目に留まり、自分の訃報記事を生前に書いてしまうということを思いついた。そこで、地元の新聞社の訃報記者であるアンに依頼をするのだが、アンが取材をしてもハリエットに関して良く話すも人はおらず…。出来上がった記事を読んでショックをうけたハリエットは自分を変えて、良い訃報記事を残すため、様々な行動に出るのであった。最高の訃報記事に不可欠な4つの要素を果たすため、施設で過ごす9歳で生意気なブレンダと親交を深めたり、地元のラジオ局にお気に入りのレコードを持って飛び入り、DJデビューを果たしたり。正反対であるハリエットと衝突することが多かったアンも徐々にクライアントとしてではなく、本当のハリエットの一面と彼女の生き方に影響を受け、世代を超えた友情を育みはじめた。ハリエットも、アンの抱える悩みや迷いに気づき、人生の先輩、そして友人として背中を押しはじめる。つぎつぎに最高の訃報記事に必要な条件をクリアしていくハリエットであったが、最後の条件、娘との和解をなかなかクリアできないでいた。そこで、ハリエット、アン、ブレンダの三人はこの問題をクリアすべく、遠い町で暮らす娘に会う旅へ出るのであった…。

ベストキャラ(男) ロビン ぴったりなミックスCDをつくってくれたときにグッとくる
07/10
ベストキャラ(女) ハリエット / シャーリーマクレーン ババアの強さと繊細さが絶妙!すごい元気。
09/10
美術・デザイン アンのファッションや部屋の汚さが等身大でよかった。
07/10
音楽 まさにDJによる選曲!という感じでとてもよかった!キンクス!
09/10
撮影 あまり意識してなかった…シンプルでキャストの演技をグッとみせてくれたかも。
07/10
序盤 自立はしているけれどもなんだか孤独なご老人にやけに感情移入
07/10
中盤 やんちゃだけど正論をつくブレンダに笑って感心。
08/10
終盤 ハリエットのメッセージがとてもグッとくる
09/10
理解度 難しくないけど、単純すぎない。アンにすっごい共感。
09/10
印象に残った点 ポテトの食べ方が変でアメリカンなアマンダサイフリッドと毎日思い出したい名言
08/10
80

« 5月 2018 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30