Jun 19 2018

女は2度決断する

2度決断する
ドイツのハンブルクで暮らす、ドイツ人のカティヤは、トルコ系移民の夫ヌーリと、6歳になる息子ロッコと3人で幸せな家庭を築いていた。
ヌーリは麻薬売買をした前科持ちだが、今は更生しており、一家を養うため働いている。そんなある日、カティヤはロッコをヌーリの事務所に預け、出産を控えてる親友と気分転換にスパへ行く。そして夕方、親友と別れ、ヌーリの事務所へ向かうと悲劇は起こった。事務所の前に多くの人だかりと規制線、嫌な予感がしたカティヤは近くの警察にどうしたのか聞くと、「爆発事故です。」と言われ、思わず駆け抜けると、事務所は焼き焦げた跡と無残な瓦礫の山だった。救護所に夫と息子の姿は見当たらず、身元が判明できない男性と子どもの死体があると言われDNA鑑定すると、それはヌーリとロッコだった。
失意のどん底の中、自殺を図ろうかしたカティヤに、警察から爆発事故は、外国人を狙う「ネオナチ」によるテロだった、と知らされる。
裁判に出廷したカティヤは、容疑者は若い恋人同士のネオナチで仲睦まじい姿に怒りを感じた。しかし動かぬ証拠があるのに、裁判では無罪となってしまう。喜びを分かち合う容疑者の2人、絶望するカティヤ。やがて全てを失い、法で裁けぬと知ったカティヤはある決断をする。

ベストキャラ(男) ダニーロ/すごくいい人だった。
06/10
ベストキャラ(女) カティア/怒りから絶望の感情が表情で感じれた。
08/10
美術・デザイン カティヤのモノトーンファッションやタトゥーがかっこ良かった。
06/10
音楽 不協和音のような低い曲や激しいロックなどカティヤの悲しみや怒りの心情を表していて良かった。
07/10
撮影 お風呂のシーンが特に印象的だった。
08/10
序盤 ロッコがかわいい。
06/10
中盤 ホームビデオの幸せな動画と現実の暗い映像の対比がより悲しくなる。
07/10
終盤 カティヤが追いかけられるシーンはすごいハラハラした。
08/10
理解度 話の展開が3段階に分かれててわかりやすかった。
07/10
印象に残った点 家族で海水浴にきたホームビデオのロッコ。
07/10
70

« 6月 2018 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31