Apr 21 2016

自転車を注文

「平成28年熊本地震」が起きて5日目。モヤモヤした日が続く。そこで自転車を買いに行こうと思った。地震が起きる前から買うつもりだったのだけど、なんとなく今が良いタイミングだと思った。ストレスの多い日が続くので、気分転換にもなると思った。

オーダーをお願いした自転車屋さんは「スポーツサイクルKUSHI」。決め手は事務所から近いのと、歴史のある専門店として有名なショップだったので。

ランドナー

ランドナー
地震の被害はけっこうひどかった。ショーウィンドウが割れていた。それでもオーナーは震災翌日にはお店を再開。パンク修理や自転車のケアを行っているという。なんでも神戸の震災の時に自転車が活躍したからだという。すごい自転車屋魂だと思う。しかも、この日は本当は店休日だったと思う。それなのにカギを開けてくれて、僕の訪問をとても喜んでくれた。

ランドナー
オーダーはスムーズに進み、初心者の僕は安心してお任せすることができた。何よりオーナーの人柄が素晴らしかったので、楽しいひと時だった。実を言うと僕は自転車専門店というものに敷居の高さを感じていて、「頑固型、見下し型の接客だったらどうしよう」と心配していたのだった。それはまったくの杞憂だった。

ランドナー

ランドナー

ランドナー

ランドナー
現在90歳という先代オーナーのTOEIランドナーを撮らせていただいた。世の中にはいつになっても、その時代に応じた美しさを保つものがあり、この自転車もその一つだと思う。

熊本地震
自転車屋さんのすぐそばには倒壊した建物や避難所になっている小学校がある。そんなハードな現実を逃避するためか、前に進むためか分からないけれど、僕は自転車を手に入れた。

1ヶ月以内にフレームが届き、KUSHIさんが組み立ててくれる。「震災後、初めて組み立てる自転車で思い出の一台になる」と笑顔で言ってくれた。