Dec 25 2017

ブレードランナー2049

blade
2049年、ロサンゼルス。人間と、労働力として製造された人造人間『レプリカント』が共存している世界。ロサンゼルス市警の、特殊捜査官=ブレードランナーとして働くレプリカントのKは、どこかに潜んでいる、人間にとって危険な、旧型レプリカント「ネクサス8型」の処分を行っていた。ある日、郊外の農場に身を潜めていた、ネクサス8型のレプリカントを処分したとき、奇妙な箱を見つける。その箱の中には、骨と毛髪が入っていた。市警に持ち帰り、調べてみると、その骨と毛髪はレプリカントのものであった。しかし、ありえないことが発覚する。その骨には帝王切開の跡があったのだ。それを知ったKの上司ジョシは、レプリカントが妊娠した事実が、世の中に知れ渡れば、人類社会の危機になると恐れ、この件に関わっていた者、そして生まれた子を処分し、証拠を全て抹殺するよう、Kに命じた。Kは捜査をしていくうちに、事件に大きく関わった人物、元ブレードランナーのデッカードという男に辿り着く。デッカートが命をかけて守り続けている秘密とは?レプリカントから生まれた子供の行方は?すべての真実を知ったとき、Kのとった行動は……

ベストキャラ(男) K/切なすぎる。感情移入しまくった。
08/10
ベストキャラ(女) ジョイ/AIなのに健気でかわいい。
06/10
美術・デザイン 鮮やかなネオン街や、デッカートの拠点の屋敷?の中が未来的な都市部とは反対で好き。
09/10
音楽 機械的な重い低い音で工場の中みたいな感じ。
06/10
撮影 レプリカントがぬるっと生まれる瞬間がすごい。
07/10
序盤 ジョイのコロコロ変わる衣装が可愛い。
06/10
中盤 レイチェルの再現がすごい。違和感がない。
07/10
終盤 Kに涙。
08/10
理解度 前作よりかはわかりやすいけど難しい。
06/10
印象に残った点 人間より人間らしいレプリカント。
07/10
70

« 4月 2018 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31