Feb 20 2018

バーフバリ 王の凱旋

bahubali
遥か昔、インドの大国「マヒシュマティ王国」。その王であり伝説の英雄だった「アマレンドラ・バーフバリ」の息子、「マヘンドラ・バーフバリ」が自分の正体だと知ったシブドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって殺され、王座を奪われた父の悲劇を知らされる・・・。バーフバリは蛮族カーラケーヤとの戦いで勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託される。そしてシヴァガミは、バーフバリと家臣カッタッパに、見聞を広めるために身分を隠し、旅をさせる。その旅の道中、クンタラ王国の王女「デーヴァセーナ」と恋に落ちる。一方、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァは、バーフバリを王座から引き降ろす策略を巡らす。やがてバラーラデーヴァの策略により、バーフバリは王位継承を失う。そして国王はバラーラデーヴァとなったが、国民はバーフバリを支持していた。納得のいかないバラーラデーヴァは、バーフバリとデーヴァセーナを国母シヴァガミの逆鱗に触れさせ、王家から追放する。民となったバーフバリとデーヴァセーナは、民と一緒に暮らし仕事をする。民はそんな2人を、「神が我々とともに暮らして下さる!」と、ますます民衆から支持されるバーフバリ。嫉妬と敵対心に覆われたバラーラデーヴァは、ついにバーフバリの暗殺を目論みる・・・。父の悲劇をすべてを知ったシブドゥは、「マヘンドラ・バーフバリ」を名乗り、父を死に追いやった、暴君バラーラデーヴァに戦いを挑む!

ベストキャラ(男) バーフバリ/無敵すぎ。
10/10
ベストキャラ(女) シヴァガミ/顔がクセになる。
08/10
美術・デザイン 衣装やアクセサリーがすごい豪華、全体的に豪華。
10/10
音楽 本当に歌ったり踊ったりしてるけど全然気にならない、むしろ良い。歌詞が熱い。
10/10
撮影 CGがいっぱい、血を払うとこすごいかっこいい。
08/10
序盤 盛大な前回のあらすじ。
08/10
中盤 バーフバリがほんとかっこいい笑。
10/10
終盤 作戦が小学生男子が考えた感じで面白い。
09/10
理解度 少年漫画みたいに熱い。
10/10
印象に残った点 矢いっぱい刺さっても死なないバーフバリ。
08/10
91

« 7月 2018 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31