Archives: 10月 3 2018

Oct 3 2018

ファントムスレッド

fantomu
1950年代のロンドン。レイノルズは姉シリルとオートクチュールを経営する。顧客は社交界のセレブなどで、レイノルズは一流デザイナーであった。レイノルズは仕事人間で、朝食の時間も仕事をするほどであった。そのせいで、毎回恋人ができても愛想をつかれ出て行かれるのだが、レイノルズは気にせず仕事に没頭するのだった。
ある日郊外にある実家までドライブするレイノルズ。立ち寄ったレストランでウェイトレスのアルマに出会う。アルマは平凡的だがモデルとしての才能を感じ、レイノルズはアルマをディナーを誘う。そして二人は親密な関係になる。レイノルズはアルマを屋敷に招待し、アルマにドレスを仕立てる。そしてアルマのモデルとしての才能を見出したレイノルズは、アルマを恋人にし、ミューズとしてロンドンの家に招いた。最初は嬉しかったアルマだったが、仕事人間のレイノルズは仕事に没頭し始め、冷たくされてしまう。それでも何か恋人らしいことをしたくて、サプライズでディナーに手作り料理をしたが、日々同じルーティンが決まってるレイノルズからは「調子が狂うからサプライズなんてするな!」と怒られてしまった。アルマは出会ったばかりの対等な関係に戻りたいと思い、外で摘んできた毒性のマッシュルームを削り、少量をレイノルズの紅茶に入れる。何も知らずに体調を崩したレイノルズにアルマは献身的に看病した。その時はレイノルズはアルマを求め、アルマも求めてくれることに満足していた。そして回復したレイノルズは、献身的に看病してくれたアルマに心を動かされ結婚を申し込む。突然の事で動揺したがアルマは結婚を受け入れた。このことがきっかけでアルマの暗い愛情が深くなっていく……。

ベストキャラ(男) レイノルズ/おじさんだけど若い女性からもモテるのがわかる程かっこよかった。
09/10
ベストキャラ(女) アルマ/平凡だけど綺麗、たまに怖い。
07/10
美術・デザイン ドレスとか屋敷とか全部美しかった。
09/10
音楽 美しい映像に繊細なピアノが加えられ、上品な映画だと思えた。音楽がとてもよかった。
09/10
撮影 ウェディングドレスを制作するときみんな白の服装で制作してるシーンが綺麗だった。
08/10
序盤 レイノルズの紳士な振る舞いがかっこよかった。
07/10
中盤 ドレスが綺麗で見てて楽しかった。
07/10
終盤 女の狂気こわ…と思った。
08/10
理解度 もう一回みたらもっとわかると思う。
06/10
印象に残った点 倒れる間にキスをするシーンがよかった。
09/10
79

« 9月 2018 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31