Archives: 6月 13 2018

Jun 13 2018

君の名前で僕を呼んで

君の名前で
1983年、北イタリア。夏はいつも北イタリアの別荘で家族と過ごす17歳のエリオ。大学の教授をしている父は毎年、アシスタントとして学生を1人連れてくる。今年のアシスタントは、アメリカから来た博士課程の学院生で24歳のオリヴァーという男だった。背が高く端正な顔たちをしており『自信家ぽい』とエリオは好感持てなかった。
陽気で気さくなオリヴァーはすぐに周りと打ちとけ合い、友人たちとバレーをした時、エリオの肩に触れてきて、馴れ馴れしいかと思えば、家族での食事は断る、そんな自由奔放なオリヴァーにエリオは不満を抱いていた。
活発なオリヴァーとは反対で、エリオは内気で読書や編曲したりするのが趣味だった。そんなエリオをオリヴァーは度々外に連れ出した。次第に2人は仲良くなる。しかしエリオは、オリヴァーを無意識に目で追ったり、ダンスパーティーで女性と踊る姿を見て嫉妬したり、気づけばオリヴァーに惹かれていた。自分から近づいたら離れる、一定の距離を保つオリヴァーに、エリオは我慢できず自分の想いを打ち明ける。するとオリヴァーは自分も同じ気持ちだと告げる。両想いになった2人は、時間が掛かった分深く愛し合う。しかし夏の終わりが近づくと共に、オリヴァーが去る日もやってくるのだった・・・。

ベストキャラ(男) エリオ/同性に恋した繊細な17歳を演じたティモシーすごい!
09/10
ベストキャラ(女) アネラ/エリオの想いに気づいてても優しく受け止めるいいお母さん。
08/10
美術・デザイン 部屋の内装や登場人物の服装などシンプルだけどカラフル、暖かみもあってオシャレだった。
09/10
音楽 軽快で綺麗なピアノの曲が美しい風景に合って良かった。
10/10
撮影 北イタリアの風景がどこも綺麗で行ってみたくなった。
09/10
序盤 オープニングクレジットが良かった。
08/10
中盤 湖で遊ぶの楽しそう。
08/10
終盤 電話のシーンがつらい。
10/10
理解度 官能的で切ない映画だけど、誰もが感じた事があるような場面が色々あって素敵な恋愛映画だなと思った。
08/10
印象に残った点 お父さんのエリオにかけた言葉が優しくて心に響いた。
10/10
89

« 5月 2018 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 7月 »